手作りクッキーの賞味期限はシリカゲルで変わる?その活用方法とは - たけさんのつぶやき
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

手作りクッキーの賞味期限はシリカゲルで変わる?その活用方法とは

手作りクッキー 賞味期限 シリカゲル 賞味期限

手作りクッキーの賞味期限はシリカゲルの使用によって変わります。

保存料を使わない手作りクッキーの賞味期限は、思ったより短いもの。

では、どうすればクッキーを新鮮な状態で長く楽しむことができるのでしょうか?

この記事では、シリカゲルを使った保存方法を通じて、手作りクッキーの賞味期限を延ばす方法を紹介します。

シリカゲルの選び方から、適切な使用方法、さらには再活用のコツまで紹介しています。

スポンサードリンク

手作りクッキーの賞味期限はシリカゲルで変わる?

手作りクッキー 賞味期限 シリカゲル

先に結論をお伝えすると、クッキーを保存している容器の中にシリカゲル(乾燥剤)を入れることで賞味期限を延ばすことができます

それは、シリカゲルがカビの原因となる湿気を吸収してくれ、焼き上げて時間が経っても味や食感が落ちにくくなるからです。

手作りクッキーの賞味期限は?

手作りクッキーは、市販のものと比べて保存料が含まれていないため、新鮮なうちに食べるのが一番です。

ただ、バターや卵の量によって、チョコレートやフルーツを使用していると、賞味期限は変わってきます。

シリカゲルを使用しても、手作りクッキーの賞味期限は、焼き上げてから3日~1週間を目安にしてください。

スポンサードリンク

手作りクッキーの賞味期限はシリカゲルで変わる?おすすめは?

手作りクッキー 賞味期限 シリカゲル

ここではシリカゲルの特徴やおすすめ品について紹介したいと思います。

シリカゲルの特徴

シリカゲルは、その優れた吸湿性で知られており、食品の乾燥剤として広く利用されています。

この吸湿性を利用することで、クッキーの周りの湿気を取り除き、乾燥状態を保つことができます。

これにより、クッキーが湿気で柔らかくなるのを防ぎ、カビの発生を抑えることが可能になります。

特に、ジップロックなどの密閉できる容器にシリカゲルを一緒に入れておくことで、より効果的に保存することができます

シリカゲルを使用する際の注意点

シリカゲルを使用する際には、いくつかの注意点があります。

  • シリカゲルは食べられないため、誤って食べないように注意が必要
  • シリカゲルは吸湿性が高いため、定期的に交換するか、乾燥させて再利用する

乾燥方法としては、オーブンで加熱するか、日光にさらすことで、繰り返し使用することが可能です。

しかし、再利用する際には、シリカゲルが完全に乾燥していることを確認することが重要です。

適切なシリカゲルの量と配置方法

手作りクッキーを保存する際、シリカゲルを使用することで湿気を防ぎ、クッキーをサクサクの状態で長持ちさせることができます。

シリカゲルの量は、お菓子の重さの1/20~1/25量を目安にしてください。

例えば、お菓子の量が36gの場合、36×1/20=1.8となり、シリカゲルのサイズは2gが良いということになります。

シリカゲルを選ぶ際の注意点とおすすめ

シリカゲルを選ぶ際、必ず食品用と記載されたものを選んでください。

下記のシリカゲル乾燥剤は見たことある人は多いかと思います。

青い粒がピンク色に変化するので交換時期が一発でわかります。

繰り返し使えませんので、使い切れなかったシリカゲル乾燥剤の保存にはご注意ください。

こちらのシート状乾燥剤がおしゃれで見映えもいいので、誰かにプレゼントする際におすすめです。

シリカゲルを使った保存容器の選び方

シリカゲルを使用してクッキーを保存する場合、容器の選び方も重要になります。

理想的なのは密閉性が高く、湿気が入りにくい容器を選ぶことです。

プラスチック製の保存容器やガラス製の瓶、ジップロックなどが適しています。

容器を選ぶ際には、できるだけクッキーの量に合ったサイズのものを選び、空気が少ない状態で保存することがカギとなります。

空気が多いと、その分湿気も多くなり、シリカゲルの効果が薄れてしまうためです。

シリカゲルの使用期限はあるのか?

シリカゲル自体には有効期限がなく、適切に乾燥させれば何度も再利用することが可能です。

ただし、シリカゲルが湿気を吸収し続けるとその効果は徐々に低下します。

そのため、シリカゲルの色が変わるタイプを使用している場合は、色の変化を目安に乾燥させるか交換する必要があります。

乾燥方法には、オーブンや太陽光を利用する方法があり、これによりシリカゲルを長期間にわたって使用することができます。

スポンサードリンク

手作りクッキーの賞味期限まとめ

手作りクッキーの賞味期限を延ばすためには、まずクッキーをしっかり焼き上げ、完全に冷ましてから保存することが重要です。

保存時には、湿気を避け、密閉容器やジップロックバッグを使用し、シリカゲルを同封して湿気を吸収させることが効果的です。

これにより、クッキーをサクサクの状態で長く保つことができます。

シリカゲルを上手に活用するためには、適切な量を使用し、食品と直接触れないようにすることがポイントです。

また、シリカゲルが湿気を吸収したら、乾燥方法を用いて再生させることで、繰り返し使用することが可能です。

シリカゲルの効果を最大限に活用するためには、密閉性の高い容器を選んでください。

手作りクッキーを美味しく長持ちさせてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント