きなこの賞味期限は1ヶ月?安全性の判断ポイントも紹介 - たけさんのつぶやき
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

きなこの賞味期限は1ヶ月?安全性の判断ポイントも紹介

きなこ 賞味期限 1ヶ月 賞味期限

きなこの賞味期限が1ヶ月であるのは、開封した場合です。

本記事では、

  • きなこの賞味期限が1ヶ月である理由
  • 適切な保管方法と場所
  • 食べられないきなこを見分けるコツ
  • 賞味期限内にきなこをおいしく使うためのレシピ例

について紹介しています。

スポンサードリンク

きなこの賞味期限は1ヶ月?

きなこ 賞味期限 1ヶ月

きなこの賞味期限は、開封後の場合、1ヶ月を目安にして使い切るのがおすすめです。

それはきなこが高温多湿に弱く、開封する空気の湿気を吸収して酸化が進み、風味が落ちるからです。

また賞味期限が切れたからと言って、すぐに腐ることはありません。

それは、きなこに水分が少ないためです。

しかし、原料の大豆には油分が含まれているため、段々と酸化していきます。

酸化したきなこは、体調不良を引き起こすこともあるので注意が必要です。

また、砂糖入りのきなこは、砂糖が湿度の影響を受けて固まりやすくなります。

劣化のスピードも速まり、害虫が寄ってきやすくなります。

特に、高温多湿な梅雨時期は、ダニ好みの環境が生じます。

開封後1ヶ月以内であっても注意をしてください。

未開封であれば、メーカーにもよりますが3ヶ月~1年ほどになります。

スポンサードリンク

きなこの賞味期限は1ヶ月?食べられるか判断ポイントは

きなこ 賞味期限 1ヶ月

食べるのに適さない状態になると、次の状態になり、食べない方がいいでしょう。

通常のきなこは薄い黄褐色をしており、ナッツのような香りが特徴的です。賞味期限を過ぎると、色が暗くなったり、香りが鈍くなったりすることがあります。

  • 色が購入時より明らかに変色している
  • さらさらしておらず、かたまりがある
  • 異臭がする
  • 食べていつもと嫌な味がする

見た目にもわからない場合は、保存した状況や状態を確認して下さい。

  • 直射日光の当たらない高温多湿でない場所で保管されていたか
  • 開封後、冷蔵保存されていたか
  • しっかり密閉して保存されていたか
  • 素手や使用したスプーンで触れていないか

上記が守られていないと、腐っている可能性があります。

いずれも問題なくても、不安な場合は、いったん乾煎りすることをおすすめします。

問題なければ、きなこの香ばしい香りが出てきます。

乾煎り後は早めに食べきってくださいね。

もし香りが出てこないようであれば、食べずに捨てた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

きなこの賞味期限は1ヶ月?おすすめの保存方法

きなこ 賞味期限 1ヶ月

きなこは未開封でも徐々に酸化が進んでいくため、開封するとそのスピードが加速するため賞味期限が短くなります。

空気や湿気に触れないように乾燥した場所で、かつ密閉状態で保存することが必要です。

しっかり密閉できるジップロックや保存瓶に入れて、冷蔵保存や冷凍保存がベストです。

水分が少ないので、冷凍庫に入れてもさらさらのままなので、すぐに使えますよ。

密閉袋に入れた際、しっかり空気を抜いて、袋の口を数回折ってクリップで留め、さらにジップロックに入れておくのがおすすめです。

臭いがもれないので、酸化防止のほかに粉ダニを防ぐことができます。

乾燥に弱いので、さらにシリカゲルのような乾燥剤を同封しておくと、安心です。

きなこの賞味期限は1ヶ月?レシピのアイディア

きなこ 賞味期限 1ヶ月

賞味期限内においしく使うレシピ例を紹介したいと思います。

  • きな粉ヨーグルト
    :栄養価が高く美味しいデザートになります。
    お好みで蜂蜜や果物を加えると良いでしょう。
  • きなこ豆腐スムージー
    :きなこと豆腐を使ったスムージーは、タンパク質が豊富です。
    きなこ、豆腐、バナナ、牛乳(または豆乳)をミキサーにかけるだけで、簡単に作れます。

他にも、きなこ牛乳(あるいは豆乳)、ココア、青汁に加えて飲み物にしても美味しいです。

また、カレーに加えると、まろやかさと香ばしさが増して味わい深くなります。

味噌汁や納豆に入れたり、トーストにバターを塗ってその上からきなこをかけても美味しいですよ。

麦芽糖水あめときなこを混ぜると、きなこ飴ができます。

きなこにほんの少し水(あるいは牛乳)を入れて練って食べるのも、ヘルシーおやつになっておすすめです。

普段食べる物に加えると、手軽に消費できておすすめです。

きなこの賞味期限のまとめ

きなこの賞味期限は開封後は、1ヶ月ほどを目安に消費して下さい。

未開封であれば、メーカーにもよりますが、6ヶ月~1年ほどです。

きなこは高温多湿に弱いので、密閉容器に入れて、冷蔵保存か冷凍保存がおすすめです。

わずかな隙間でも粉ダニが寄ってくるため、しっかり空気を抜いて、ジップロックに二重するのがおすすめ。

未開封でも賞味期限切れから長期間経っていると、粉ダニがいる可能性があります。

うっかり食べてしまうとひどいアレルギー症状が出ることがありますので、すぐに捨てましょう。

賞味期限切れのものを食べる場合、見た目やにおいをしっかり確認してください。

賞味期限切れである以上、自己責任に置いて消費して下さいね。

 

コメント