チョコレートは賞味期限切れ3ヶ月でも大丈夫?適切な保存方法も紹介 - たけさんのつぶやき
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

チョコレートは賞味期限切れ3ヶ月でも大丈夫?適切な保存方法も紹介

チョコレート 賞味期限切れ 3ヶ月 エンタメ

賞味期限切れ3ヶ月のチョコレートは、適切に保存されていれば食べられる可能性が高いです。

この記事では、

  • 賞味期限切れ3ヶ月でも、適切に保存されていれば食べられる理由
  • 腐った状態とは
  • 適切な保存方法

にいついて紹介します。

この記事がチョコレートを美味しく保存する参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

チョコレートは賞味期限切れ3ヶ月でも大丈夫?

チョコレート 賞味期限切れ 3ヶ月

チョコレートは、適切に保存されていれば賞味期限切れ3ヶ月でも食べても問題ない場合が多いです。

それは、チョコレートに水分がほとんど含まれないため、カビの発生したり傷みにくかったりするからです。

つまり、腐りにくいということになります。

しかし、果物が入ったり、生クリームやナッツなどほかの材料が入ったりすると、賞味期限が短く、傷みやすくなります。

そのため、このようなチョコレートは賞味期限切れ3ヶ月も経ってしまうと食べられない可能性が高いでしょう。

賞味期限切れ1ヶ月

賞味期限切れ1ヶ月のチョコレートは、適切に保存されていれば問題なく食べらっれる場合が多いでしょう。

賞味期限を過ぎたチョコレートは、色が褪せたり、表面に白い粉状の脂肪分(ブルーム)が現れることがあります。

これは脂肪が結晶化することによるもので、食べることには問題ありませんが、風味は多少劣化する可能性があります。

また、チョコレートが硬くなったり、溶けにくくなったり、舌触りが悪くなることもあります。

賞味期限切れ半年

賞味期限が長く設定され、適切に保存されていれば、問題なく食べられるでしょう。

賞味期限切れ1年以上

適切に保存されていれば食べられる可能性は高いでしょう。

しかし、食べる前には臭いや見た目、ほんの少し食べて味に異常がないか、しっかり確認してから食べるようにしましょう。

賞味期限が切れたら食べられないチョコレートとは

果物・ナッツ・チョコレート・ゼリー・お酒など他の材料が入っている、生チョコは、日持ちしません。

賞味期限が過ぎると、食べられない可能性が高いため、期限内に食べてしまうようにしましょう。

スポンサードリンク

チョコレートは賞味期限切れ3ヶ月でも大丈夫?腐るとどうなる?

チョコレート 賞味期限切れ 3ヶ月

水分が少ないチョコレートですが、冷蔵庫から出して結露が生じると、その水分でカビが発生する場合があります。

冷蔵庫に戻しても結露したままだと、庫内でもカビが発生する可能性があります。

先述したブルームも一見カビのように見えることがあります。

見分けがつかなかったり、不安な場合は避けた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

チョコレートは賞味期限切れ3ヶ月でも大丈夫?適切な保存方法

チョコレート 賞味期限切れ 3ヶ月

チョコレートは直射日光や湿気で品質を劣化させてしまうので、高温多湿を避けて保管しましょう。

温度は22度以下、湿度は50%くらいを目安に保存することが望ましいです。

これにより、チョコレートの風味と質感が長期間維持されます。

夏場は室温に置いておくと溶けて劣化してしまうので、冷蔵庫か冷凍庫保存がおすすめです。

果物入りや生チョコなどは傷みやすいので、季節に関わらず冷蔵庫保存をしてください。

冷蔵保存のポイント

チョコレートは冷蔵室より温度の高い野菜室の方がおすすめです。

アルミホイルで包まれていっるチョコレートならそれで包んだまま、もしすべて取ってしまった場合は家のアルミホイルで包みましょう。

チョコレートの材料の一つ、ココアバターが光に弱いので、遮光して品質を保つために巻かれています。
さらにジップロックのような密閉袋に入れておくと、湿度や食品の匂い移りを防ぐことができるでしょう。
食べるときは、室温に15~20分ほど置いてから開封すると、結露を防いで本来の美味しさを味わえます。
食べかけは齧ったところから菌が繁殖していくので、保存する際は口が付いたところは取り除くのを忘れずに!

冷凍保存できる?

チョコレートは冷凍保存は風味が落ちるため、あまりおすすめではありません。

しかし、チョコレートを使用して作ったケーキや手作りの生チョコは冷凍しても大丈夫です。

チョコレートの賞味期限まとめ

チョコレートは賞味期限切れ3ヶ月でも、適切に保存されていれば食べられる場合が多いです。

ただし、本来の味や風味は多少損なわれているかもしれません。

水分が少なくほとんど腐る可能性がありませんが、不適切な環境下で保存していると、カビが生えることもあります。

長期で保存する場合は、アルミホイルに包みジップロックのような密閉袋に入れて野菜室で保存してください。

食べる際は、室温に10~20分置いてから食べると美味しく食べられます。

冷凍保存は温度が低すぎて、風味や味が落ちるのでおすすめしません。

記事を参考にチョコレートを保存して、美味しく食べてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント