七五三のお参りだけの服装で親は何着る?おすすめコーディネート紹介 - たけさんのつぶやき
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

七五三のお参りだけの服装で親は何着る?おすすめコーディネート紹介

七五三 お参りだけ 服装 親 エンタメ

七五三のお参り、親の服装で悩んでいませんか?

子どもの大切な節目、七五三。

そのお参りだけでも、親の服装には気を遣いますよね。

この記事では、カジュアルすぎず、フォーマルすぎないちょうど良い親の服装について紹介したいと思います。

お参りだけでも心に残る一日にするためのポイントを、ぜひチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

七五三のお参りだけの服装で親は何着る?気をつけるポイント

七五三 お参りだけ 服装 親

七五三のお参り、お子様の成長と健やかな未来を祈る大切な瞬間です。

この大切な日、子どもだけでなく、親の服装も気になるポイントですよね。

特に、お参りだけのシンプルなお祝いの場合、どれくらいカジュアルにしても良いのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

カジュアルすぎない?親の服装でOKなライン

お参りだけの場合、親の服装はある程度カジュアルでも大丈夫です。

ただし、あまりにもカジュアルすぎると、神社の格式や、他の参列者との兼ね合いも考え、避けた方が無難です。

例えば、ジーンズやTシャツは避け、キレイめなカジュアルなコーディネートを心がけましょう

女性であれば、シンプルなワンピースにジャケット、男性であればスラックスに軽めのジャケットなどがおすすめです。

私服でお参りの許容される範囲とは?

私服でのお参りももちろんOKですが、やはり神社という場所柄、ある程度の格式を保つことが大切です。

カジュアルすぎず、清潔感のある服装を心がけ、あくまでシンプルで落ち着いた色味のアイテムを選びましょう。

また、派手なアクセサリーやメイクは控えめにして、全体のバランスを考えることもポイントになります。

スポンサードリンク

七五三のお参りだけの服装で親は何着る?和装か洋装かどちらを選ぶ?

七五三 お参りだけ 服装 親

和装も洋装も、どちらでも問題ありません。

お子様とのコーディネートを楽しんだり、ご家族での統一感を出したりするのもおすすめです。

和装を選ぶ場合

和装を選ぶ場合、着物や浴衣が主流ですね。

母親は淡い色の訪問着や小紋、父親は羽織りと袴が定番です。

もちろん、フォーマルすぎないカジュアルな和装も選択肢としてあります。

アクセサリーは、シンプルなものを選び、帯や帯締めでアクセントをつけると、一層おしゃれ感が増します。

洋装を選ぶ場合

洋装を選ぶ場合、母親はワンピースやスーツ、父親はスーツやジャケットスタイルが無難です。

色味は、淡色や地味な色を選び、アクセサリーもシンプルなものをチョイスしましょう。

特に、ハイヒールを選ぶ際は、あまり高すぎないものを選ぶと、歩きやすさも保ちつつ、エレガントな印象をキープできます。

どちらのスタイルも、子どもとのコーディネートを楽しんで、素敵な七五三の思い出を作ってください。

カジュアルダウンの具体例とその限界

お参りだけのシンプルな七五三では、親の服装もカジュアルダウンが許される場面が多いです。

例えば、父親ならば、スラックスにポロシャツ、そしてジャケットやカーディガンを合わせる。

母親ならば、シンプルなワンピースにパンプスといったスタイルが考えられます。

デニムやスニーカーはあまりにもカジュアルすぎるとされ、神社の格式にそぐわない可能性があります。

また、あくまで清潔感はキープし、整った印象を持つことが大切です。

避けたいアイテムとは?

神社でのお参りには、やはり一定のエチケットが求められます。

特に、派手な色やデザイン、露出の多い服装は避けた方がいいでしょう。

また、あまりカジュアルすぎるアイテム(例:ショートパンツやタンクトップなど)も不適切とされることが多いです。

靴もハイヒールやオープントゥのサンダルは避け、シンプルなパンプスやローファーを選びましょう。

スポンサードリンク

七五三のお参りだけの服装で親は何着る?レンタルしよう!

七五三 お参りだけ 服装 親

和装か洋装か、それぞれに魅力があります。

まずは何を基準に選ぶかを明確にしましょう。

例えば、子どもの衣装と色を合わせたい、動きやすさを優先したい、などのポイントを決めておくと選びやすいですね。

和装・洋装の魅力

和装は格式があり、伝統的な雰囲気を大切にできます

母親は訪問着や小紋、父親は羽織りと袴が無難です。

色無地や付け下げなどのシンプルでフォーマルなものを選ぶのがおすすめです。

一方で、洋装は動きやすく、カジュアルな印象を持つことができます

フォーマルなワンピースやスーツがおすすめです。

特に、母親はパンツスタイルよりもスカートスタイルを選ぶと、より格式を感じることができます。

また、足元は忘れずに、パンプスや革靴を選び、全体のコーディネートを整えましょう。

またレンタルする際は、前日受け取りが一般的ですが、余裕をもって数日前に受け取るオプションもあります。

また、返却もお参りの翌日に返却することが多いようです。

しかし、忙しい場合や遠方からの参列の場合、返却日数に余裕があるプランを選ぶと安心です。

親子でコーディネート

七五三のお参りは、親子でのコーディネートが魅力を引き立てます。

特に、親子で一緒にレンタルを利用することで、お手軽かつ統一感のあるスタイルを演出できます。

着物でコーディネートするなら、3人分一式揃ってレンタルできる、こちらがおすすめです。

ワンタッチで、解説書も動画もあるので、ご家庭で簡単に着用できます。

さっと着せられて、さっと出掛けられるので、子どももご機嫌のままでお参りできそうです。

フォトスタジオや美容室に行く必要もないので、ゆっくり準備ができます。

着物を選択するときは、子どもの着物の柄に合わせるいいでしょう。

母親はシックな色無地、父親は正絹の羽織りを選ぶと、家族全員で統一感のあるコーディネートを楽しむことができます。

また、洋装はCariruなら、家族分一度に借りられ、統一感が出ますね。

母親の服をレンタルする

母親にはスーツが人気が人気です。

着用するなら小物で工夫するのがおすすめです。

スーツの色は、ブラック・ベージュ系・ネイビーが一般的です。

おしゃれコンシャスには、スーツやワンピース、マタニティ用もあるので使い勝手がいいですよ。

父親の服をレンタルする

一式借りると約2万円ほどかかり、安いスーツを購入した方がいいかも?と思ってしまうかもしれません。

しかし、一張羅はあまり着ないなら、流行の服、そのときの体型に合った服を着ることができるレンタルの方がおすすめです。

他にもリアルクローズUwearMINERVAでも男性用スーツをレンタルできます。

好みのデザインを見つけてくださいね^^

レンタルする際の注意

また、七五三のシーズン(特に11月)は多くの家族がレンタルを利用しますので、できるだけ早めの予約をおすすめします。

特に人気のショップやデザインは、半年前から予約が入ることも。

そして、当日は子どもが主役。

親御さんの服装も素敵ですが、子どもが一番輝くスタイルを選んで、一緒にお参りを楽しんでくださいね。

お参りの流れと親の服装で気をつけること

お参りの流れに合わせて、親の服装も気をつけるポイントがあります。

一般的に、七五三のお参りでは、お子様が華やかな和装を身にまといます。

親御さんもそれに合わせて、きちんとした服装を選びましょう。

和装の場合、お母様は訪問着や小紋、お父様は羽織りと袴が無難です。

洋装の場合、フォーマルなワンピースやスーツがおすすめです。

特に、お母様はパンツスタイルよりもスカートスタイルを選ぶと、より格式を感じることができます。

また、足元は忘れずに、パンプスや革靴を選び、全体のコーディネートを整えましょう。

お子様が主役の日ですが、親御さんもきちんとした服装で、この大切な一日を迎えてくださいね。

七五三のお参りだけの服装まとめ

七五三のお参りだけでも、親の服装にはちょっとしたポイントがあります。

服装は和装でも洋装でもどちらでも問題ありません。

ある程度カジュアルでも問題ないですが、神社へお参りするので、ジーンズやTシャツなどのカジュアルすぎる私服は避けましょう。

あくまで清潔感はキープし、整った印象を持てるカジュアルなコーディネートを心がけましょう。

親子でレンタルして、統一感のあるコーディネートをするのも特別感があっておすすめです。。

この記事を参考に、家族での七五三のお参りを一層楽しく、そして心に残るものにしてくれることを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント