トランポリンは3歳に危険⁉その理由とおススメの商品を紹介 - たけさんのつぶやき
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

トランポリンは3歳に危険⁉その理由とおススメの商品を紹介

トランポリン 3歳 危険 子育て

室内で手軽に全身運動ができるとして、トランポリンが注目を集めています。

家庭で遊んだり、大型遊具施設に設置してあったり、トランポリン教室があったりと身近な存在になってきました。

ところが、子供が使用するには危険ではないか?という声が上がり始めました。

海外でもトランポリンの事故に関するニュースが増えているようです。

この記事では、動きが活発になり好奇心も旺盛な3歳に焦点を当て、トランポリンが危険な理由、おススメを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

トランポリンは3歳に危険⁉

トランポリン 3歳 危険

トランポリンは3歳に危険かというと、遊具である以上危険性を含んでいます。

ただ、トランポリンで遊ばせない方がいいという意味ではありません。

夢中になって飛んでいれば場所がずれて落ちてしまったり、足をくじいてしまったりなどのけがの危険性があるという意味です。

年齢に関わらず子供が遊ぶときは、必ず親がそばにいて、必要であれば手を持って遊びましょう。

特に1~2歳児はまだ頭の方が重いため、親が手を持ってあげた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

トランポリンは3歳に危険な理由

トランポリン 子供 危険

先ほども述べたように、トランポリンが危険なのは3歳だけではありません。

飛び跳ねて遊ぶので、転倒や落下してけがする可能性はあり、すべての人が危険にさらされていると言えます。

危険1:2人以上で同時に飛んだとき

2人以上で同時に飛ぶと、お互いがぶつかったり、落ちて頭を打って大きな事故につながる可能性があります。

使用する際は、1人ずつ遊んでください。

ついでに、子供に順番を守るというルールを教えることができますね。

危険2:遊戯施設のトランポリンで跳んだとき

遊戯施設にあるトランポリンは、競技用トランポリンを置いているところがほとんどです。

トランポリンの事故の多くは、競技用のもので起こっています。

それは競技用トランポリが、家庭用とは段違いにの跳ね上がりが高いためです。

家庭用トランポリンで類似の事故がほとんど起きていないにも拘らず、トランポリン=危険となってしまったのです。

スポンサードリンク

トランポリンは3歳に危険ではない

トランポリン 子供 後悔

3歳になると体もしっかりして油断しがちですが、子供と「遊ぶときのお約束」を決めましょう。

・1人で勝手に遊ばず大人を呼ぶ
・遊ぶときは順番に1人ずつ
・まっすぐ飛ぶ(宙返りやでんぐり返りをしない)
また、大人が注意した方がいいと感じた点についてまとめました。
・子供から目を離さない
・1人ずつ遊ばせる(嫌がったら、飛んでいる子の回数を一緒に数える)
・子供がふらついていたら、手を持ってあげる
・トランポリンの周囲に何も置かない
子供も大人も、正しくトランポリンを使用することで危険は減少し、楽しく遊ぶことができます。

トランポリンで3歳に危険が少ないものはある?

トランポリン 子供 危険何度言っても高く飛びたがる活発な子も中にはいますよね。

けがをしないかハラハラするというお子さんには、ジャンピングボードやトランポリンクッションがおすすめです。

 

 

どちらも高さが低く安定感があり、一般的なトランポリンのように跳ねすぎるということがありません。

程よい跳ねができるので、子供も楽しく遊べます。

トランポリン事故に対する、親御さんの心配がいくらか減少するかと思います。

昇降運動
腹筋運動
バランス
体幹トレーニング

以上のように、トランポリン以外の運動もできるので、大人もエクササイズが可能です。

トランポリンは3歳に危険ではないまとめ

遊具である以上、トランポリンは3歳だけではなくすべての人に危険です。

しかし、家庭用トランポリンは安全性を考慮されて開発・販売されています。

予想される危険性を避けるために、トランポリンは正しく使って楽しく遊びましょう!

より一層安全性を高めたい方は、ジャンピングボードやクッションタイプがおススメです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント