焼きそばのもやしが水っぽくならない作り方は? - たけさんのつぶやき
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

焼きそばのもやしが水っぽくならない作り方は?

焼きそば もやし 水っぽくならない 福岡のお店紹介

焼きそばにもやしを加えると美味しくなりますが、時には水っぽくなってしまうことも。

そんな悩みを解決するため、本記事では、

  • もやしを使っても水っぽくならない焼きそばの作り方
  • 焼きそばを美味しく仕上げるためのポイント
  • 適切なもやしの量

以上を紹介したいと思います。

この記事を見て、美味しい焼きそば作りの参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

焼きそばのもやしが水っぽくならない作り方は?

焼きそば もやし 水っぽくならない

焼きそばのもやしを水っぽくならない作り方は、麺にしっかり焼き目を付けてからほぐすことです。

我が家の焼きそばのつくり方をポイントと共に説明していきます。

1.添付の粉末ソースと水大さじ2をよく溶かします。

2.麺を電子レンジで40秒~1分ほど加熱します。

麺を温めすぎるとほぐしにくくなるので、注意して下さい。

3.油を引いたフライパンに、袋から出した麵を入れて焼いていきます。

油を入れすぎると、麺が吸ってべちゃッとするので大さじ1くらいにしてください。

4.両面をしっかり焼きます。

両面に焦げ目がつくまでしっかり焼くことがポイントです。

5.火を止めて麺を取り出して、もやしを入れ、その上に麺を置きます。

そして、1のソースを入れて麵をほぐしていきます。

6.火を入れて、水分がなくなるまで炒めます。

こうすることで、カリカリともちもちとシャキシャキの食感を楽しみながら食べられます。

スポンサードリンク

焼きそばのもやしが水っぽくならない作り方は?注意点を紹介

焼きそば もやし 水っぽくならない

もやしを焼きそばに入れるときの注意点を紹介したいと思います。

もやしの量

焼きそばにもやしを入れると、シャキシャキとした食感を楽しめます。

また値段も安くて、入れるとボリュームと食べ応えがアップします。

だからといってたくさん入れると、もやしから大量の水分が出て、仕上がりが水っぽくなってしまうのです。

1人前につき、もやし50~70gを目安に入れてください。
余ったもやしは、適切に保存してくださいね。
消費期限が短いので、そのままにしておくと使えなくなっちゃったなんてことになりません^^;
また、冷凍保存したもやしは生のもやしよりも食感が劣るので、シャキシャキ感が欲しい人は生のもやしを利用して下さいね。

水を入れる

市販の焼きそばの作り方には、麺をほぐすため、ふっくらさせるために水を入れて蒸らすという工程があります。

しかし、水を加えてしまうと水っぽい仕上がりになってしまうため、入れないようにしましょう。

麺を温め、もやしと粉末ソースを溶かした水分で充分ほぐすことができます。

スポンサードリンク

焼きそばのもやしまとめ

焼きそばにもやしを入れて水っぽくならない仕上がりにするためには、

  • もやしは焼きそば1人前につき50~70gを目安に入れる
  • 麺を温めてから、両面を焦げ目がつくまでしっかり焼く
  • 麺をほぐすときに水を加えず、もやしとソースを溶かした水分でほぐす

この点に注意すれば、もやし焼きそばの仕上がりが水っぽくなりません。

是非ご家庭でも試してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント